韓国人ライダーも共に参戦する今回の鈴鹿8時間耐久レース
現地韓国からも沢山の応援を頂いております。

民団(在日本大韓民国民団)神奈川県地方本部、
事務局長と共に撮影 応援頂いてます。

アジア選手権参戦中のインドネシアから韓国チームスタッフも総力挙げてサポート頂いています。
今回参戦する韓国人ライダーKim Joon Tae選手、Lee Hoo kyoung選手、Lim Hon Gon選手など
JP木村とパンデルタで雌雄を決したシーザオ選手もアジア選手権の地インドネシアから声援頂きました。

他にも現地、韓国YAMAHAを始めOHLINS KOREA、韓国の企業様、飲食店様、在日の方々など
民間レベルでの交流の中で数多くの声援を頂いております。