TEAMJP・マカオ&香港滞在記録




今回は、日本&カナダ&オーストラリア3カ国からマカオGPで合流。
レース関連とは、別の意味を含めた3ヵ国集合でした。

  TEAMJPとしては、マカオGPの模様を紹介します。
あくまでも、モータースポーツ(2輪)ですが
マカオは何処でも、レース関連をテレビ放送されていて、
コース上(市街地)部分は見えないように、フエンスや幕が有り、
観客の安全を第1に考えた コース設計にしています。
実際に走るライダーは左右に壁が迫るような視点となりますが
全体的なサーキット路面は 私から見て素晴らしいとつくづく感じます。

今回は 友人のダンクルーガーが参戦します。
とにかく「タイム」「順位」は気にせずに
無事に走りきる事を伝えたあと、宿泊施設のモニターで観戦しました。

私が参戦する計画をしていた2007年頃の当時を思い出し、今思えば複雑な感覚です。
レース自体のプロモーションは、収益はそこそこ上々な感じ
現在の日本人ライダーは、今後参加(参戦)は 厳しいでしょう
「ストリート系マン島TT」や、「公道レース」の感覚は まさに『ヒーロー』を見に来る感じです。
参戦するライダーは 闘牛士の様な猛々しい印象を、私は感じました。

最後になりましたが友人のダンクルーガーは、無事怪我なく完走してくれました。

JP木村