コーリーターナー君についての御報告



コーリーターナー君についての御報告

今年度オーストラリアにて、コーリー君(本人)&父親とTEAMJPで打合せをし
我がチームの若手育成として日本のレース参戦をする約束をし
双方合意の上(ターナー家、TEAMJP)AUD$20,000で(日本の肖像権に基づく)契約書を取り交わし
全日本選手権フル参戦をさせる事になりました。
※FIM世界耐久選手権(鈴鹿8耐)は別

参戦費用などの金銭面の不足は、TEAMJPスポンサーの皆様から応援を頂き、何とか開幕戦からスタートできました。

このような中、契約金未払いの為急遽残りのレース参戦をさせない事になり、コーリー君にはオーストラリアに帰国して貰うことに決定いたしましたので皆様に御報告させていただきます。
現在、日本側にて管轄裁判所に申請し判決をもって、オーストラリアで申請する手続きを行っております。オーストラリアでの告訴も考えております。

その他詳細につきましては、顧問弁護士に一任しておりますので
何卒、ご理解の程お願いたします。

                   
TEAM JP 代表 木村泰善