TEAMJP(チームJP・アジアを中心としたバイクレーシングチーム) > チーム活動報告 > 2017/03 PanDelta Racing Festival Spring : TEAM-JP with RS-ITO/Dan Kruger Racing

2017/03 PanDelta Racing Festival Spring : TEAM-JP with RS-ITO/Dan Kruger Racing



201703 PanDelta Racing Festival Spring

TEAM-JP with RS-ITO/Dan Kruger Racing

Rider:Kazuki Watanabe

今回僕、新庄雅浩はTeamJPのチームの一員として、渡辺一樹選手のサポート、チーム
のお手伝いをさせて頂いて来ました(^ ^)

渡辺選手が今回参加する事になったレース、通称パンデルタは、中国の珠海にある国
際サーキットで開催される、中国で最も大きく人気のあるイベントレースです!

参加するライダーも世界各国から集まり、年々レベルも上がり、今年は渡辺選手が走るオープンAクラス(1000ccのスーパーバイクで走るこのレースの最高峰クラス)は
ワールドスーパーバイクの選手や、オーストラリア選手権ライダーなど強者揃いでした!

3月16日 移動日

渡辺選手はもうすでにチームオーナー木村社長並びに、RS-ITOHの伊藤社長などと中国入りしており、 僕は大須賀メカニックと小澤メカニックと成田空港で待ち合わせし中国へ(^ ^)!

大須賀メカニックがパスポートの名前のスペルとチケットのスペルが違く
変更手数料を取られるというトラブル以外は順調に中国入り出来ました(^^;;

そしてみんなが泊まるホテルに到着し、渡辺選手や社長達と合流しそのままご飯へ!
翌日のミーティングをしながら美味しいご飯を頂きました(^ ^)
木村社長いつもありがとうございますm(_ _)m

3月17日 練習、予選

今回お世話になる香港Kawasakiが母体のダンクルーガーレーシングさん、
昨年僕も走らせて頂いたチームという事もあり、みんなとの久々の再会に盛り上がり、早速マシンをチェック!

マシンのセッティングやメンテナンスは伊藤さんが中心となり、室井さん、大須賀さん、小澤さんとスペシャリストで構成され完璧な体制!
がしかし、
やはり今回もほぼほぼストック車両(^^;;
いくら渡辺選手でも厳しい戦いになりそうです。
明日、明後日の決勝にむけ、本日は2本の練習走行があり、最後に予選があります。

少し時間があったので渡辺選手を連れてコースの下見に行き、自分の出来る限りのアドバイス!

そして
1本目、前日にも走っていたという事もあり、コースはだいぶ攻略出来ていそうでしたが、やはり上位のライダー達とのマシンの差が歴然(^^;;

2本目、
ECUの問題点や足回りなどを見直し大幅にセッティングを変えて走行開始。
良い方向にいきタイムも縮め、やっと上位と戦えそうな雰囲気になってきました!
ですが上位に勝つにはまだまだ戦闘力不足。
ストック車両でパーツもない。

どうする!!!?

って悩むほどのネタも無いので出来る限りの事をして予選(^^;;

スーパーバイクだらけの中、ストック車両で大健闘の6番グリットを獲得!
上位はみんな有名ライダーで、もはや中国のイベントレースではない気が(^^;;
中国のチャンピオンは渡辺選手の後方7番グリッドでした。

3月18日 決勝レース1

予選で問題点に上がった最初から付いていた中国製のエキゾーストマフラーを
純正のエキゾーストパイプに交換し
それに合わせECUのマップの調整、足回りも改善しグリッド整列

中国で1番大きいイベントという事もあり、凄い人が観客席にもグリッドにも!!
もちろん多くのメディアも来ています!

渡辺選手は流石に緊張した面持ち

ではなく(^^;;
もう慣れたもんですね(^ ^)!
笑顔でお客さん達にサービス♪

そしてライダー以外が退去させられウォーミングアップラップ。

グリッドに戻ってくる

レッドシグナル点灯

スタート!!

パワーに劣るマシンを上手く進めポジションをキープしたまま1コーナーを抜ける
トップ集団を形成したまま各コーナーを抜けて行く

2周目以降
やはり厳しいマシンでの戦い、徐々に離されてしまう
後方の中国チャンピオンにはテールトゥーノーズで張り付かれ厳しそうでしたが、
なんとかポジションをキープし続け、
6位でチェッカーとなりました。

渡辺選手はもちろん納得のいく結果ではなかったのですが、出来る限りの結果は出せたと、
チームは暖かい気持ちで戻って来た渡辺選手をみんなで称えました。

こういう瞬間がレースっていいですよね(^ ^)!

3月19日 レース2

朝から大雨

これレース出来るの?ってぐらいな雨なのに、さすが中国!
全然御構い無しに進行しようとしていて、チームやライダーから危険過ぎるとクレーム(^^;;
そりゃそうでしょって思っていたら、とりあえずお客さんのためにグリッドに並んでくれと言う

まぁーしょうがないかとグリッド整列!

中国語が飛び交って何やら慌ただしい。。。

あれ?3分前ボードが出てスタート進行してる!!

え?やるの!?
日本チームあたふたヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

1分前!他車たちがエンジンスタート!!

えええええええええ~

なになになに!!!!?


その瞬間 DELAY のボードが(^^;;

おいおい

もしかしてお客さんにも、中国チームとかにも言ってないでしょ。。。
あたかも今中止にしましたみたいに演出したでしょ。。。

ビビったじゃないか(^^;;


そんなこんなでレース2は中止になり、今回の我らPanDelta Racing Festival Spring
参戦は終了致しました。

自分はサポート役という事でチームに参加させて頂きましたが、今回も本当に多くの
事を学ばせて頂きました。
渡辺選手の取り組み方、
そして
木村社長はじめ、伊藤社長、室井社長にはレース以外での経営や日々生きて行く上で
大事な事など、ライダーとしてだけじゃない事まで勉強させて頂けます。

また次回の参戦が本当に楽しみです(^ ^)♪

お世話になりました皆様、
ありがとうございましたm(_ _)m