決勝2日目の結果と祝賀会



決勝2日目の結果
————————————-
JPミキヤ 3位(CL2)
JP岡林 5位(CL1)
JP木村 9位(CL1)
————————————-

6月19日

決勝2日目(日曜日)
天候は晴れ

観客も休日とあって朝から大入り。
ゲートではギャラリーが列をなして続々観客席に座っていきます。

決勝グリットは昨日の1日目の結果が反映。
JP木村は3番グリット、JP岡林は11番グリット、
JPミキヤは14番グリットからのスタート。

午後13:40
決勝スタート

JPミキヤがいいスタートを切る。

JP木村はCL1で2位をキープ。

トップはチャンピオンとタイ人ライダーの一騎打ち
クラスは1000ccと600ccで違うはあるが
やはりトップでチェッカーを受けたい気持ちは一緒。

どちらも譲らずの6周目に、まさかのチャンピオンが転倒。

この時点でCL1のTOPを走るのはJP木村
このまま行けば表彰台の真ん中が見えてきた、ラスト1周に
JP木村もまさかの転倒。

直ぐにコースへ戻るも順位を大きく下げてしまった。

そのままレースは終了

JP木村にとっては悔しい2日目になった。

一方のJPミキヤは充実した2日間。
初出場で2度も表彰台に上がったのは立派です。

JP岡林も土曜に自己ベストを更新し、
2日目は余裕の完走で結果は5位。 充実したレースウィークでした。

その後は次の日が香港の朝のフライト時間だった為
慌ただしく珠海を後にして香港へ移動。

香港の日本料理店で祝賀会を催し最後の夜が更けていった。